京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

ENGLISH

文字サイズ
中
大

再読!91歳上島有(うえじまたもつ)さんの東寺百合秘話 ⑤

2017-03-13 | 百合百話

「京都新聞」2016年3月26日付28面記事を再掲

宝蔵と御影堂経蔵              

(上島有:京都府立総合資料館元古文書課長・摂南大学名誉教授)

 

  1. 東寺の二つの顔は、「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」と「弘法さん」という二つの信仰形態、そして伽藍(がらん)と御影堂(みえどう)という堂舎のあり方の違いにとどまりません。寺宝の収蔵状況にもみられます。

     

  2. 中世以来、東寺の重要な宝庫は伽藍の一部となる「宝蔵」と、西院の「御影堂経蔵」の二つでした。そこに収納された重宝類も、宝蔵には平安時代以来の鎮護国家の修法に関する重宝類、御影堂経蔵には鎌倉時代以来の大師信仰に関する宝物類と、見事にこの二つの顔、二つの信仰形態に相通ずるものでした。 

  3. ...続きを読む

お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives