京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

百合文書を楽しむ:年表から

年表について >

西暦 和暦 東寺・東寺百合文書に関するできごと 日本・世界のできごと 時代
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
791
792
793
794
795
796
797
798
799
800
801
802
803
804
805
806
807
808
809
810
811
812
813
814
815
816
817
818
819
820
821
822
823
824
825
826
827
828
829
830
831
832
833
834
835
836
837
838
839
840
841
842
843
844
845
846
847
848
849
850
851
852
853
854
855
856
857
858
859
860
861
862
863
864
865
866
867
868
869
870
871
872
873
874
875
876
877
878
879
880
881
882
883
884
885
886
887
888
889
890
891
892
893
894
895
896
897
898
899
900
901
902
903
904
905
906
907
908
909
910
911
912
913
914
915
916
917
918
919
920
921
922
923
924
925
926
927
928
929
930
931
932
933
934
935
936
937
938
939
940
941
942
943
944
945
946
947
948
949
950
951
952
953
954
955
956
957
958
959
960
961
962
963
964
965
966
967
968
969
970
971
972
973
974
975
976
977
978
979
980
981
982
983
984
985
986
987
988
989
990
991
992
993
994
995
996
997
998
999
1001
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1014
1015
1016
1017
1019
1020
1023
1024
1025
1026
1031
1032
1033
1034
1036
1037
1039
1040
1041
1044
1045
1046
1047
1048
1050
1051
1052
1053
1057
1058
1059
1060
1090
1094
1105
1582
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1594
1595
1597
1598
1599
1602
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1631
1663
1667
1668
1671
1672
1673
1712
1713
1714
1715
1716
1717
1718
1719
1720
1721
1722
1723
1724
1725
1726
1727
1728
1729
1730
1731
1732
1733
1734
1735
1736
1737
1738
1739
1740
1741
1742
1743
1745
1746
1747
1748
1749
1750
1751
1752
1753
1754
1755
1756
1757
1758
1759
1760
1761
1762
1763
1764
1765
1766
1767
1768
1769
1770
1771
1772
1773
1774
1775
1776
1777
1778
1779
1780
1781
1782
1783
1784
1785
1786
1787
1788
1789
1790
1791
1792
1793
1794
1795
1796
1797
1798
1799
1800
1801
1802
1803
1804
1805
1806
1807
1808
1809
1810
1811
1812
1813
1814
1815
1816
1817
1818
1819
1820
1821
1822
1823
1824
1825
1826
1827
1828
1829
1830
1831
1832
1833
1834
1835
1836
1837
1838
1839
1840
1841
1842
1843
1844
1845
1846
1847
1848
1849
1850
1851
1852
1853
1854
1855
1856
1857
1858
1859
1860
1861
1862
1863
1864
1865
1866
1867
1868
1869
1870
1871
1872
1873
1874
1875
1876
1877
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897
1898
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907
1908
1909
1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020

天平勝宝

天平宝字

天平神護

神護景雲

宝亀

天応

延暦

大同

弘仁

天長

承和

嘉祥

仁寿

斉衡

天安

貞観

元慶

仁和

寛平

昌泰

延喜

延長

承平

天慶

天暦

天徳

応和

康保

安和

天禄

天延

貞元

天元

永観

寛和

永延

永祚

正暦

長徳

長保

寛弘

長和

寛仁

治安

万寿

長元

長暦

長久

寛徳

永承

天喜

康平

治暦

延久

承保

承暦

永保

応徳

寛治

嘉保

永長

承徳

康和

長治

嘉承

天仁

天永

永久

元永

保安

天治

大治

天承

長承

保延

永治

康治

天養

久安

仁平

久寿

保元

平治

永暦

応保

長寛

永万

仁安

嘉応

承安

安元

治承

養和

寿永

元暦

文治

建久

正治

建仁

元久

建永

承元

建暦

建保

承久

貞応

元仁

嘉禄

安貞

寛喜

貞永

天福

文暦

嘉禎

暦仁

延応

仁治

寛元

宝治

建長

康元

正嘉

正元

文応

弘長

文永

建治

弘安

正応

永仁

正安

乾元

嘉元

徳治

延慶

応長

正和

文保

元応

元亨

正中

嘉暦

元徳

正慶

建武

暦応

康永

貞和

観応

文和

延文

康安

貞治

応安

永和

康暦

永徳

至徳

嘉慶

康応

明徳

応永

正長

永享

嘉吉

文安

宝徳

享徳

康正

長禄

寛正

文正

応仁

文明

長享

延徳

明応

文亀

永正

大永

享禄

天文

弘治

永禄

元亀

天正

文禄

慶長

元和

寛永

正保

慶安

承応

明暦

万治

寛文

延宝

天和

貞享

元禄

宝永

正徳

享保

元文

寛保

延享

寛延

宝暦

明和

安永

天明

寛政

享和

文化

文政

天保

弘化

嘉永

安政

万延

文久

元治

慶応

明治

大正

昭和

平成

元弘

延元

興国

正平

建徳

文中

天授

弘和

元中

空海が讃岐国多度郡屏風浦(現・香川県善通...
平安京に東寺・西寺が建立される(東宝記 ...
桓武天皇が、東寺に伊勢国川合荘を寄進する...
空海、遣唐使一行とともに唐に行く(請来目...
空海が嵯峨天皇から高野山の地を与えられる...
空海、嵯峨天皇から東寺を与えられ、真言密...
空海が庶民の教育機関として綜芸種智院を創...
高野山に金剛峰寺を開く 11月
東寺に二十四口の入寺僧が置かれる 4月5...
東大寺真言院に灌頂道場が設けられ、空海ら...
伊勢国川合勅旨田六十六町を東寺領とするこ...
綜芸種智院を売却した代価で田園を取得する...
空海に弘法大師の号が与えられる(日本紀略...
大地震によって東寺・西寺などが倒壊する ...
丹波国に大山荘の四至を確認させる(東寺百...
東寺で放生会が始まる(東寺王代記) 8月...
東寺で五重塔が落成する(東宝記 第二)(...
大法師任幸が河内国志紀郡荘田二十三町余を...
山城国高田郷七町余が東寺に寄進される(東...
源頼朝が文覚に東寺修造料として播磨・備中...
宣陽門院が伊予国弓削島荘を東寺に寄進する...
道深法親王が東寺に若狭国太良荘を寄進する...
修造料国として安芸国が東寺に与えられる(...
五重塔が炎上する(東寺王代記)(東寺長者...
火災で焼失した五重塔が再建される(東宝記...
若狭国太良荘が東寺に返還される(東寺文書...
後宇多法皇が山城国拝師荘・上野荘・播磨国...
山城国拝師荘・上桂荘・八条院町十三箇所・...
後宇多法皇が常陸国信太荘を東寺供僧・学衆...
院宣により、安芸国平田村・三田郷井原村・...
後醍醐天皇が最勝光院の執務職を東寺に寄進...
後伏見上皇が院宣で最勝光院寺務職を東寺に...
後醍醐天皇が宝荘厳院を東寺に寄進する(東...
高野山御影堂で弘法大師五百年遠忌が修され...
足利尊氏が天下泰平・国家安寧のために山城...
足利尊氏が河内国新開荘に替えて備後国因島...
後村上天皇が丹波国大山荘・備中国新見荘・...
杲宝編の「東宝記」が完成する(同奥書) ...
足利義詮が東西九条当年年貢を修造料として...
北朝が東寺に山城国上桂荘・拝師荘・八条院...
幕府が若狭国太良保領家・地頭職の半済を停...
若狭国太良荘・播磨国矢野荘例名の大嘗会米...
足利義満が東西九条女御田の地頭職を東寺修...
足利義満が東寺に出陣する(東寺王代記)(...
東寺が寺領荘園に御影堂造営料として段別5...
西僧坊の作事が行われる(東寺百合文書 キ...
将軍義満が東寺を訪れる。この時、義満は宝...
足利義教が東寺を訪れる(満済准后日記) ...
足利義教が東寺を訪れる(東寺執行日記) ...
土一揆が東寺に立てこもる 9月
土一揆が東寺に立てこもる 12月
足利義政が久世上下荘、上野・拝師、植松荘...
この年から後七日御修法が中絶する(長者補...
備中国新見庄の代官として現地に派遣されて...
河野通春が伊予国の味酒郷内北方の地頭職を...
応仁の乱で西軍が押領していた山城国の寺領...
久世上下荘・上野・拝師・植松・八条院町1...
十穀海深が大勧進を辞退する(東寺百合文書...
法寿が大師七百年忌の造営のために畳料足十...
東寺南大門上葺のため、諸国の信徒などから...
十穀乗真が不動堂修理のための勧進帳を作成...
東寺の門前に三好長慶の禁制が掲げられる(...
五重塔と塔内に安置されていた仏像が落雷で...
三好長逸・石成友通・三好宗渭が東寺の境内...
織田信長が東寺に禁制を掲げる(東寺百合文...
久世上下荘、上野荘、拝師荘、植松荘、八条...
羽柴秀吉が山城国久世上下荘・上野・拝師・...
豊臣秀吉が朱印状を下し、東寺に寺領として...
五重塔・金堂・講堂が落成する(義演准后日...
大地震により東寺の食堂・講堂・灌頂院・南...
東寺金堂上棟(義演准后日記) 9月3日
豊臣秀頼の発願によって倒壊していた南大門...
東寺の金堂が落成する(義演准后日記)(続...
義演が寛正二年から行われていなかった宮中...
五重塔が竣工する(雪月花) 7月
杲快が東宝記を修復する 3月
加賀藩主前田綱紀が東寺に伝来した古文書を...
南大門・鎮守八幡宮・八島社などが焼失する...
太政官布告により宮中後七日御修法が廃止さ...
太政官達により東寺が古義真言宗総本山とな...
真言宗本末大会議により東寺の住職を長者と...
宮中後七日御修法再興の決定があり、翌年再...
古義真言宗八派連合が解体し、真言宗東寺派...
東寺から京都府が東寺百合文書を購入し、受...
東寺百合文書が重要文化財に指定される 6...
東寺創建千二百年
東寺百合文書が国宝に指定される 6月30...
空海、讃岐国(香川県)に生まれる
平安京に遷都する 10月
空海が唐から帰国 8月
空海が高野山に金剛峯寺を開くことが認めら...
空海が東寺(教王護国寺)を与えられる 1...
空海没 3月21日
神泉苑で御霊会が行われる 5月
遣唐使派遣を中止する 9月
紀貫之が『古今和歌集』を編纂 4月
唐が滅亡し、五代十国が成立する
宋が建国される
西ヨーロッパでカペー朝が起こる
西夏が建国される
延久の荘園整理令が出される 2月
高野山金剛峯寺の大塔が再興される 2月
第1回十字軍がはじまる
保元の乱が起こる 7月
平治の乱が起こる 12月
平清盛が内大臣となる 11月
エジプトでアイユーブ朝がおこる
以仁王の平氏追討の令旨が出る 4月
源義経が壇ノ浦で平氏を破る 3月
源頼朝が守護・地頭職の設置を許可させる(...
重源が東大寺を再建する 10月
藤原定家『新古今和歌集』を編纂 3月
イギリスのジョン王がマグナ・カルタを承認
承久の乱が起こる 5月 
御成敗式目が制定される 8月
モンゴルのフビライが国号を大元と定める
元・高麗軍が筑前(福岡県)に上陸(文永の...
九州諸国の御家人に異国警固を命じる 1月
永仁の徳政令が出される 3月
後宇多法皇が東寺で伝法灌頂をうける 1月
教皇庁がアヴィニョンに移る(「バビロン捕...
鎌倉幕府が滅びる 5月
後醍醐天皇が帰京し、公家・寺社領などを安...
足利尊氏が建武式目を定め、政権を確立(室...
足利尊氏、後醍醐天皇追善のため天竜寺を建...
南北両朝の和議が整う 10月
北山第(金閣)の上棟が行われる 4月
1月に焼亡した土御門内裏造営開始、諸国に...
畿内諸国の土民が徳政を求めて蜂起(正長の...
上御霊社の畠山政長を畠山義就破る(応仁の...
南山城国人ら畠山義就・政長へ撤兵要求(山...
コロンブスがバハマ諸島に到達
細川政元が足利義材を廃し義高擁立(明応の...
バスコ・ダ・ガマがインド航路を発見する
インカ帝国が滅亡
三好範長(長慶)が入京する 1月
種子島に火縄銃が伝わる 8月
フランシスコ・ザビエルが鹿児島上陸 7月
イギリスでエリザベス一世即位 11月
織田信長、足利義昭を奉じて入京 9月
織田信長、上京を焼き討ちする 4月
上杉謙信、織田信長から「洛中洛外図」を贈...
織田信長、安土城を築城する 2月
明智光秀、本能寺の織田信長を攻める(本能...
秀吉が賤ヶ岳にて柴田勝家を破る 4月
方広寺大仏殿が上棟される 5月
豊臣秀吉没 8月
徳川家康、石田三成ら西軍を関ヶ原で破る ...
徳川家康、征夷大将軍に任じられる(徳川幕...
出雲阿国が京都で歌舞伎踊りを行う 4月
徳川家康、大阪城の豊臣秀頼を攻める(大阪...
島原の乱が起こる 10月
ポルトガル船の日本来航を禁止(「鎖国」)...
明が滅ぶ。9月、清が北京に遷都 1月
イギリスで名誉革命始まる 11月
京都の大火、禁裏など焼失(宝永の大火) ...
尾形光琳没 4月
大英博物館が設立される 4月
『解体新書』刊 8月
アメリカ独立宣言公布 7月
『都名所図会』刊
この年、全国的に飢饉(天明の飢饉)
松平定信による寛政の改革始まる 7月
フランス革命始まる 7月
ナポレオン法典が完成する 3月
塙保己一による『群書類従』刊行始まる
全国で飢饉(天保の飢饉)
カリフォルニアで金鉱発見(ゴールドラッシ...
プロイセン憲法が出される 1月
ペリーが浦賀に来航 6月3日
長州藩が幕府方と戦い、京都市中が焼亡(禁...
徳川慶喜が大政奉還 10月14日
王政復古が宣言される(明治政府の成立) ...
境内地などを除く寺社領が没収される 1月...
廃藩置県 7月14日
福沢諭吉の『学問ノススメ』刊行 2月
僧侶の肉食妻帯を許可、教導職設置 4月2...
パリ万国博覧会開催 5月1日
国会開設の詔が出される 10月12日
琵琶湖疏水の開通式が行われる 4月9日
清国に宣戦布告(日清戦争) 8月1日
古社寺保存法が成立する 6月10日
義和団が北京公使館区域攻撃(義和団の乱)...
ロシアに宣戦布告(日露戦争) 2月10日
中国で辛亥革命がはじまる 10月
中華民国成立が成立する 1月1日
オーストリア皇太子サラエボで暗殺される ...
オーストリアがセルビアに宣戦布告(第1次...
ロシアで10月革命が起こる(ソビエトの成...
治安維持法が施行される 5月12日
満州事変がおこる 9月18日
英仏、ドイツに宣戦布告(第2次世界大戦)...
日独伊三国同盟調印 9月27日
ハワイ真珠湾を攻撃し、対英米宣戦布告 1...
ポツダム宣言受諾を決定し、連合国へ申し入...
降伏文書に調印 9月2日
日本国憲法施行 5月3日
文化財保護法公布 5月30日
サンフランシスコ講和会議で平和条約などに...
東海道新幹線開業 10月1日
日本万国博覧会はじまる 3月14日
高松塚で彩色壁画発見される 3月26日








































お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives