京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

百合百話 (ひゃくごうひゃくわ)

7. 評定引付にみえる中世

2014-02-28

天地之部41号「廿一口方評定引付」文明10(1478)年3月4日条

 

評定引付は供僧による会議の内容を記したものですが、そのなかには現代に生きている私たちがずいぶん昔の中世の様子をうかがうことができるような記述もあります。

たとえば上にあげた廿一口供僧方引付では、応仁・文明の乱が終わってまもないころ、文明10年(1478)3月4日の条に、「天下静謐(てんかせいひつ)」つまり戦乱がないときには東寺では1日で40~50貫文の散銭(賽銭)が得られ、天候次第では参詣者がさらに増すだろう、と記されています。東寺が多くの人々の信仰の対象となり、境内が人出でにぎわっていたことが想像できます。

 

ね函22号 鎮守八幡宮方評定引付 文明14(1482)年2月21日条

ね函22号「鎮守八幡宮方評定引付」文明14(1482)年2月21日条

 

ね函22号は鎮守八幡宮方の引付です。文明14(1482)年2月21日の条には、室町幕府8代将軍であった足利義政の命令で周辺の寺院と荘園から人夫(労働者)が集められことが記されています。鎮守八幡宮方は京都近郊に久世上下荘(現在の京都市南区)という所領を管理しており、東寺を代表してこの求めに応じました。この人集めは、義政の邸宅である「東山御山荘」、現在の銀閣寺を建設するためです。

 

ワ函79号 廿一口方評定引付 文明18年9月18日条

ワ函79号「廿一口方評定引付」文明18(1486)年9月18日条

 

文明18(1486)年9月18日の条には、土一揆の勢力が東寺に乗り込んできて立てこもり、武家と戦ったために金堂・講堂や鎮守八幡宮など主要な伽藍の多くが焼失したことが記されています。焼失した東寺が復興されるのは約1世紀後のことになります。

お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives