京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

百合百話 (ひゃくごうひゃくわ)

70.百合文書を作ってみよう!その1(ペーパークラフト編)

2017-08-04

8月になりましたね。夏休みを満喫している学生さんもおおいのではないでしょうか?

そこで今回の百合百話は、夏休み特別企画!!

タイトルにも書いてあるように「百合文書を作ってみよう!」ということで、第一弾は百合文書が収まっていた桐箱のペーパークラフトを作ってみました!

 

 

●必要な道具

・印刷した用紙(A4サイズで印刷してください)

・はさみ、またはカッター(手を切らないように!)

・カッター板(カッターを使う際には、用意しましょう)

・のり

 

用紙はこちらからダウンロードできます→ 東寺百合文書桐箱ペーパークラフト

※本物の桐箱の5分の1の大きさになります。 

 

 

■1 箱の作り方

①線にそって箱の展開図を切り取ります。のりしろを切ってしまわないように注意しましょう。

 

    

 

 

②点線(- - - - -)の部分を山折りします。のりしろも折っておきましょう。

 

    

 

 

③のりしろ部分にのりをつけて貼り付けます。

 

 

④箱の完成!

 

 

 

■2 蓋(ふた)の作り方

①蓋の展開図を線にそって切り取ります。のりしろを切ってしまわないように注意しましょう。

  

 

 

 

 

②点線(- - - - -)の部分を山折りします。のりしろも折っておきましょう。

  

 

 

③点線(-・-・-・-・-・-)の部分を谷折りします。谷折りした部分は蓋(ふた)の内側になります。

 

 

④谷折りした側面の裏に、のりつけて山折りした側面に貼り付けます。
この時、谷折りした側小さいのりしろを中に入れて貼り付けるときれいに仕上がります。

 

 

 

⑤文字が書いてある面の裏にのりをつけて貼り付けます。

 

 

 

⑥もう片方の、のりしろにのりをつけて貼り付けます。
 

 

 

⑦蓋(ふた)の完成!

 

 

 

箱と蓋(ふた)をあわせると・・・ 

桐箱の完成です!

 

 

 

  

みなさん、桐箱を作れたでしょうか?

この箱の中に、小さめに印刷した百合文書をいれると、より本物の桐箱に近づきますね。

 

ぜひ、小物入れなどにつかってみてください♪

 

 

 

  

●おまけ● 

他にもペーパークラフトを用意しました!↓からダウンロードできます。

 

桐箱(4分の1)バージョン (A3サイズで印刷してください)

 

ひゃくごうくんバージョン(A4サイズで印刷してください)

 

(伊藤実矩:資料課)

 

 

お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives