京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

百合百話 (ひゃくごうひゃくわ)

78.百合文書を作ってみよう!その3(ペーパークラフト編2~1/1サイズも作ってみた~)

2018-10-29

前回、「70.百合文書を作ってみよう!その1(ペーパークラフト編)」では、百合文書の桐箱のペーパークラフトを紹介しました。

おかげさまで、来館者のみなさまから「作ったよー!」、「友達に紹介したよ!」などと嬉しい報告いただきました。

桐箱のペーパークラフトを作ってくださったみなさま、本当にありがとうございます♪

今回はまだ紹介していなかった、より本物の桐箱に近い形のペーパークラフトの作り方を紹介していきたいと思います!

※ペーパークラフトは、本物の桐箱の1/5の大きさになります。


 

 

●必要な道具

・印刷した用紙(1枚目をA3、2枚目をA4で印刷してください)

・はさみ、またはカッター(手を切らないように!)

・カッター板(カッターを使う際には、用意しましょう)

・のり、またはテープ(両面テープなど)

 

用紙はこちらからダウンロードできます↓

 

桐箱(な函)バージョン(1枚目をA3、2枚目をA4で印刷してください)

 

桐箱(や函)バージョン(1枚目をA3、2枚目をA4で印刷してください)

 

箱(ア函)バージョン(1枚目をA3、2枚目をA4で印刷してください)

→70話にも掲載しています。

 

 

■1 箱の作り方

①線にそって箱の展開図を切り取ります。のりしろを切ってしまわないように注意しましょう。

null 

 

null

 

②点線(- - - - --・-・-・-・-・-)の部分を折りします。のりしろも折っておきましょう。

 

 

 

③箱の底板近くの点線(-・-・-・-・-・-)の部分を谷折りし、のりしろ部分(赤●

 のりをつけて貼り付けます。

 この部分が箱の底面にあたります。

null  null

 

 

④谷折りした面の裏(オレンジ●)に、山折りした面(黄色●)を貼り合わせます。

 ●同士を貼り合わせたら、箱の右面の外側(黄色◆)と内側(オレンジ◆)を貼り合わせます。

null  

 

 

⑤箱の底面の外側(紫★)と内側(ピンク★)を貼り合わせます。★は箱の中底になります。

 

 

 

⑥箱の左面の外側(緑■)と内側(黄緑■)を貼り合わせます。内側ののりしろ(水色線)を中に入れて

 貼るときれいに仕上がります。

 

 

 

⑦箱の後面ののりしろ(赤●)を箱の外側に貼り付けます。のりしろを貼り付けたら、箱の外側(青▲)と

 内側(水色▲)を貼り合わせます。

 

 

 

⑧箱の前面ののりしろ(赤●)を箱の外側に貼り付けます。のりしろを貼り付けたら、箱の外側(青▲)と

 内側(水色▲)を貼り合わせます。

 

 

 

箱の完成!

   

 

 

 

■2 蓋(ふた)の作り方

①線にそって蓋の展開図を切り取ります。のりしろを切ってしまわないように注意しましょう。

 

 

 

 

②点線(- - - - --・-・-・-・-・-)の部分を折りします。のりしろも折っておきましょう。

 

 

 

③谷折りした側面の裏に、のりしろ(赤●)を貼り付けます。

   貼り付けたら、のりしろを貼り付けた側面の外側(紫★)と内側(ピンク★)を貼り合わせます。

 

 

 

④文字が書いてある面の裏にのりをつけて貼り合わせます。

 

 

⑤蓋の前面の外側(水色▲)と内側(青▲)・後面の外側(黄緑◆)と内側(緑◆)を貼り合わせます。

 

 

 

⑥貼り付けていない方の、のりしろ(赤●)を貼り付けます。

 そして蓋の外側(ピンク●)と内側(赤●)を貼り合わせます。

 

 

 

蓋(ふた)の完成!  

 

 

 

 

箱と蓋(ふた)をあわせると・・・ 桐箱の完成です!

 

 

みなさん、桐箱を作れたでしょうか?

たこ糸やひもをとおすとより本物の箱に近づきます。

 

   

 

今回ペーパークラフトにした箱は、現在開催中の「平成30年度東寺百合文書展」で展示中です!

(な函:9月15日~10月9日)(や函:10月13日~11月11日)

 

ぜひ東寺百合文書展も見にきてください!

 

 

 

●おまけ ~色んな桐箱を作ってみた~● 

今回、歴彩館で初めて東寺百合文書展が開催されることを記念して、桐箱全100箱のペーパークラフトを作ってみました!

 

現在、京都学ラウンジで展示してありますので、1箱1箱のちがいを見比べてみてください。

 

 

また10月に初めてペーパークラフトの講座を開催しました。

講座に参加してくださるかたに本物の大きさを体感していただこうと思い 1/1サイズをダンボールで作ってみました!

 

収納力抜群です^^

 

 

本物と並べるとこんな感じです。

 

こちらも現在京都学ラウンジで展示してあるのでぜひ見に来てください!

(伊藤実矩:資料課)

お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives