京都府立京都学・歴彩館
東寺百合文書WEB

Kid'sひゃくごう

つくってみよう!

豆本(まめほん)の作り方

豆本(まめほん)を作ってみよう!

 

●作るのにつかう道具(どうぐ)
・はさみ、またはカッター(手を切らないように気をつけよう!)
・カッター板(カッターを使う時は、用意(ようい)してね)
・のり

・クリップ(はさめるものだったらなんでもいいよ)

 →本をくっつけるときにつかうよ。

 

 

★用意(ようい)する紙

 

①表紙(ひょうし)、裏表紙(うらびょうし):本の前と後の一番外側(そとがわ)にある紙だよ。

→古文書(こもんじょ)の画像(がぞう)の他に、おりがみや包装紙(ほうそうし)をつかってもかわいいね!

 

②背表紙(せびょうし):本のとじてるところの外側(そとがわ)にある紙だよ。

 →好きな柄(がら)のマスキングテープや紙を用意(ようい)してもOK! 

 

③本のなかみ:本文(ほんぶん)がのっているページだよ。

 →これから作る豆本(まめほん)だと百合文書(ひゃくごうもんじょ)の画像(がぞう)をつかうよ。古文書(こもんじょ)や好きな絵・写真 (しゃしん)をえらんでね!

 

※見本は、①表紙・裏表紙:5㎝×3.5㎝、③本文(古文書):5㎝×7㎝ だよ。

 

1.紙を切るよ。ケガをしないように気をつけてね。

この時切ったページがどのページかわかるように、紙の裏(うら)にページの番号(ばんごう)をかいておいてね!

  

 

 

 

2.切った紙の文字や絵をかいてある面が内側(うちがわ)にくるようにまんなかから半分におるよ。

このときしっかりおっておくとくっつけやすくなるよ。

 

 ぜんぶのページをおろう!

 

 

3.ページを順番(じゅんばん)にくっつけていくよ。ずれないようにぴったりはろう。

→このとき本の背になる部分(ぶぶん)でそろえてはっていくときれいにできるよ。

 

 

 

4.ぜんぶはりつけたら、本をクリップなどではさんで、ちょっとおいておこう! 

 

 

5.のりがかわいたら、表紙(ひょうし)と裏表紙(うらびょうし)をはろう。

→くっつけて、ページがはみでているのが気になったらカッターやはさみで切っちゃおう。けがには気をつけてね。 

 

 

 

6.表紙(ひょうし)・裏表紙(うらびょうし)が、かわいたら背表紙(せびょうし)にマスキングテープをはろう。

 

 

7.完成!

  

うまくできたかな?

まえに紹介(しょうかい)した桐箱(きりばこ)のペーパークラフトにもはいるよ。

あと、ぼくみたいな小さなお人形・フィギュアに持たせたり、ドールハウスにかざってもカワイイかもね♪

 

 

 

ぜひ、いろんな豆本をつくってみてね♪ 

 

お問い合わせ先
京都府立京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1番地29

電話番号:075-723-4831

URL :
http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/
E-mail:
rekisaikan@pref.kyoto.lg.jp

pagetopへ

Copyright © Kyoto Institute, Library and Archives